FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

月刊スポーツメディスンよりお知らせ
――スポーツに関わる個人事業主に対する消費税の転嫁拒否の防止

明日10月1日より、消費税が10%となります。

それに伴い、個人事業主形態で、仕事をしている方々(選手、監督、コーチ、トレーナー、インストラクターなど)が、明日以降、転嫁拒否を受けたときに、転嫁拒否は違法行為となります。

月刊スポーツメディスン連載「基礎から学ぶ「スポーツと法」」の下記の号において、杉山翔一先生(スポーツ法政策研究会、Field-R 法律事務所、弁護士)が詳細および対処方法など、ご執筆されておりますので、是非、ご確認ください。

第161号『消費税率の引上げとスポーツ』(2014年)
※消費税5%→8%に

第210号『スポーツに関わる個人事業主に対する消費税の転嫁拒否の防止
──2019年10月1 日以降の報酬の据え置きに注意!!』
(2019年)
※消費税8%→10%に

なお、もし転嫁拒否の不利益を受けた際は、210号記事中でも紹介しておりますが、公正取引委員会は、消費税の転嫁拒否行為等を受けた場合の相談窓口、違反情報を受け付ける窓口を、各地方事務所・支所に設けています。

 相談・違反情報受付窓口

 もし、2019年10月1日以降の消費税率の引上げ後、引上げ分を上乗せして支払ってもらえなかったり、それ以前に消費税率の引上げを見越して報酬の額を合理的な理由なく引き下げられたりした場合は、上記の相談・違反情報受付窓口に相談してみることも一案です。

月刊スポーツメディスン編集部 田口
スポンサーサイト



トレリンまなび塾2019
――選手は何を見ているか 「見て、判断して、動く」を身に付ける

日程/12月1日(日)

時間/午後2時より

会場/みんなの会議室 渋谷宮益坂3B(東京都渋谷区渋谷1丁目8 TOC第1ビル3階)

内容/講演「選手は何をみているか「見て、判断して、動く」を身に付ける」
         加藤貴昭先生(慶應義塾大学 環境情報学部准教授)
     実習・映像による体験

対象/指導者、選手、トレーナー、フィジカルコーチ、その他、この内容に興味のある方

受講料/一般:2,500円(事前振込)、当日3,000円
      学生(専門学校生、大学院生含む):1,000円(事前振込または当日)

申し込み方法/申し込みフォームもしくは下記メール宛に、件名「トレリンまなび塾2019」とし、氏名、一般・学生の別を明記し申し込む

問い合わせ/トレジャーリング
E-mail:torerinbbc1996@gmail.com 

スキンストレッチセミナー
――レベル1・レベル2


日程/11月16日(土) 

時間/レベル1:午前11時~午後1時 
    レベル2:午後2時~4時30分 

会場/EBISU STUDIO(渋谷区恵比寿東3-22-14 3F)

内容/
レベル1:新概念のコンディショニング法と呼ばれるスキンストレッチは、筋膜リリースをオリジナルのツール(ステンレス製)とオリジナルのメソッドを利用し、筋肉痛の予防・改善、柔軟性の向上、関節可動域の改善・制限、関節の安定化、動作の改善・コントロール、姿勢・バランスの改善、筋出力の増大・抑制、筋活動の促通・抑制、浅筋膜の癒着よる運動性の低下の改善、痛みの緩和、組織修復力の増加のような効果を期待した方法論。その理論とノウハウを学ぶコース。

レベル2:指導にも利用可能なテクニックを学ぶ。姿勢改善、動き作りのために筋膜や皮膚をどのようにスキンストレッチでアプローチしていくかを学ぶ。主にスキンストレッチを応用してペアストレッチが出来るようになる事を目的とした2時間の講習。

講師/石井隆行(鍼灸師、元ビーチバレー日本代表トレーナー、静岡大学ではバイオメカニクスの研究、骨頭壊死の方のリハビリからトップアスリートの指導など幅広い層から支持されている)

受講資格/レベル2:スキンストレッチレベル1終了した方。レベル2認定者はツールの販売、他者への指導などビジネスとしても利用可能

受講料/レベル1:8,000円(税別)
      レベル2:25,000円(税別)
(※レベル2のセミナー代には年会費が含まれています。4月1日を基準日としており、4月~6月受講の方は10,000万円(税別)、7月~9月受講の方は7,500円(税別)、10月~12月受講の方は5,000円(税別)、1月~3月受講の方は2,500円(税別)がその代金となる。認定者は翌4月から1年間の年会費10,000円(税別)が必要)

申し込み方法/HPのセミナー申し込みサイトより、ツールの購入ボタンを選択し、申し込む

問い合わせ/株式会社サウンドMBジャパン

第14 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会

日程/10 月 19 日(土)

時間/午後2時30分~

会場/埼玉医科大学かわごえクリニック 6階 大会議室(埼玉県川越市脇田本町21-7)
(JR 埼京線「川越」駅下車 徒歩 3 分、東武東上線「川越」駅下車 徒歩 3 分、西武新宿線「本川越」駅下車 徒歩 10 分)

※会場駐車場は診療時間中のため患者様専用となっております。出来るだけ公共交通機関のご利用をお願い致します。
  お車でお越しの際は近隣のコインパーキングのご利用をお願い致します 。

内容/シンポジウム「2020 年東京五輪に向けた代表選手へのサポート(仮)」
国立スポーツ科学センター
高嶋直美(理学療法士 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)
高橋佐江子(理学療法士 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー 障がい者スポーツトレーナー)
立谷泰久(日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士)
亀井明子(公認スポーツ栄養士、管理栄養士)

一般演題:募集中

特別講演『膝前十字靭帯損傷の発生シナリオに基づく新たな視点での予防戦略』
小笠原一生(大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座運動制御学 助教)

認定単位(予定)/日本整形外科学会教育研修会 1 単位 分野番号[2] [13]又は[S]スポーツ医、日医認定健康スポーツ医学再研修会 1 単位

定員/200 名(会場の座席数が限られておりますのでご了承下さい)

参加費/一般 3,000 円、学生 1,000 円
※日本整形外科学会研修単位取得希望の先生は、受講費 1,000 円を徴収させていただきます。

申し込み方法/申し込み先URLから項目に従ってご回答し、申し込む。
もしくは、事務局宛に「埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会参加希望」として、メールまたは FAX にて①~③の事項を記入のうえ、申し込む
①氏名(ふりがな)、②所属施設名・職種、③連絡先:住所・電話番号・メールアドレスあるいは FAX 番号

申し込み締切/10 月 2 日(土)

問い合わせ/埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション科(担当:名塚健史)
TEL:049‐238-8292
FAX:049‐238-8273
E-mail:kcreha@saitama-med.ac.jp