FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

第14 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会

日程/10 月 19 日(土)

時間/午後2時30分~

会場/埼玉医科大学かわごえクリニック 6階 大会議室(埼玉県川越市脇田本町21-7)
(JR 埼京線「川越」駅下車 徒歩 3 分、東武東上線「川越」駅下車 徒歩 3 分、西武新宿線「本川越」駅下車 徒歩 10 分)

※会場駐車場は診療時間中のため患者様専用となっております。出来るだけ公共交通機関のご利用をお願い致します。
  お車でお越しの際は近隣のコインパーキングのご利用をお願い致します 。

内容/シンポジウム「2020 年東京五輪に向けた代表選手へのサポート(仮)」
国立スポーツ科学センター
高嶋直美(理学療法士 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)
高橋佐江子(理学療法士 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー 障がい者スポーツトレーナー)
立谷泰久(日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士)
亀井明子(公認スポーツ栄養士、管理栄養士)

一般演題:募集中

特別講演『膝前十字靭帯損傷の発生シナリオに基づく新たな視点での予防戦略』
小笠原一生(大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座運動制御学 助教)

認定単位(予定)/日本整形外科学会教育研修会 1 単位 分野番号[2] [13]又は[S]スポーツ医、日医認定健康スポーツ医学再研修会 1 単位

定員/200 名(会場の座席数が限られておりますのでご了承下さい)

参加費/一般 3,000 円、学生 1,000 円
※日本整形外科学会研修単位取得希望の先生は、受講費 1,000 円を徴収させていただきます。

申し込み方法/申し込み先URLから項目に従ってご回答し、申し込む。
もしくは、事務局宛に「埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会参加希望」として、メールまたは FAX にて①~③の事項を記入のうえ、申し込む
①氏名(ふりがな)、②所属施設名・職種、③連絡先:住所・電話番号・メールアドレスあるいは FAX 番号

申し込み締切/10 月 2 日(土)

問い合わせ/埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション科(担当:名塚健史)
TEL:049‐238-8292
FAX:049‐238-8273
E-mail:kcreha@saitama-med.ac.jp
スポンサーサイト