FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

超音波エコーを用いた精密触診と組織間リリースの基礎
--名古屋会場

日程/2020年1月11日(土)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/オルバースビル 9F会議室B室(愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 )

内容/セラピストに必要な、骨・筋肉・腱・神経などの触診技術を習得するセミナー。
特に、マルアライメントや拘縮の原因である癒着の探索や、痛みを発している神経・靱帯
・血管の特定に使われる「精密触診®」を学ぶ。

セミナーの内容は超音波エコーによる解剖の基礎的内容を確認した後、精密触診と組織間
リリース(組織同士をゆるく結合している疎性結合組織をリリースすることを意図した徒
手的治療法)の理論と実技を行う。

対象/医師・セラピスト・治療家・トレーナーの方、またはこれらの職業の資格取得を目指す学生

受講料/一般12,960円(税込)、会員10,368円(税込)

申し込み方法/HPの該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きへ

申し込み締切/2019年12月31日(火)

問い合わせ/日本健康予防医学会 関節疾病予防研究部会事務局 株式会社GLAB
TEL:0823-36-2469
E-mail:seminar@realine.info
スポンサーサイト



メディカル・ハイドロバッグ研究会
ハイドロバッグによる関節整復と機能テーピングセミナー
――膝関節周辺と上肢


日程/10月19日(土)

時間/午後5時~8時

会場/笠井整骨院(大阪市平野区背戸口4-6-19)

内容/膝関節周辺の痛み、鵞足炎、屈曲膝、反張膝、オスグッド、ジャンパー膝、膝蓋骨由来の痛みについて判断、整復、機能テーピングの実技練習。

参加費/1.000円(テーピング代含む)

申し込み方法/専用申し込みページより申し込む

問い合わせ/株式会社エイチ・サポート