FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

大阪勉強会:整復と機能テーピング
上肢編

日程/11月30日(土)

時間/午後5時~8時

会場/笠井整骨院(大阪市平野区背戸口4-6-19、大阪市営地下鉄 谷町線 平野駅 3番出口から徒歩5分)

内容/手根管症候群、把握障害、TFCC、ケルバン、外側上顆炎、内側上果炎、肘部管症候群。これらの上肢で代表的な障害に悩んでおられる先生方、症状にとらわれず原因となる関節機能不全にハイドロバッグでアプローチし、機能テープすることで日常生活の保全を行い、確実な改善につながる。手首、肘の障害に悩んでおられる先生方は必見

参加費/テープ代金1,000円

申し込み方法/申し込みフォームから申し込む

問い合わせ/株式会社エイチ・サポート

スポンサーサイト