FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

2020 スキルアップセミナー
トレーニング計画とケガの処置


日程/1月25日(土)
     1月26日(日)

時間/25日:午後2時~5時10分(懇親会午後5時30分~)
     26日:午前9時30分~午後1時

会場/森ノ宮医療学園専門学校
25日:アネックス校舎 4階講堂
26日:本校舎 6階 階段教室

内容/【25日】
「フィジカルエクササイズのピリオダイセーション―― シーズンインからフィジカルアップをおこなうための、期分けとプログラミング」
「PART1:障害発生から処置(固定)+ インディバ・アクティブ活用例 ――肩関節(外転外旋制限・挙上サポート・ルーズショルダー等)」
【26日】
「PART2:障害発生から処置(固定)――足関節(前距腓靭帯、距骨前方インピンジメント、距骨後方三角骨、腓骨筋腱(腱支帯)等)、応急固定」
「ACL損傷術後から復帰にかけてのリハビリテーション計画 + インディバ・アクティブ活用例」
質疑応答

講師/大隈重信(株式会社BIGBEAR 代表取締役)
アメリカンフットボール日本代表チームのトレーナーとして第1回のイタリアW杯パレルモ大会より5大会連続の参加を含む、全ての日本代表チームに参加。大学時代、大東文化大学陸上部で箱根駅伝出場(8区 区間3位)の経歴を持ち、実業団チームにおいても駅伝日本一を経験。

定員/40名
※2日間受講可能な方を募集。特にトレーナー活動等をしている方を募集。トレーナー活動をしている方以外は、ご相談ください。

申し込み方法/下記メールアドレスまで申し込む
また、メールには①~⑤の内容をご記入のうえ、申し込む
① 氏名(フリガナあり)
② 所属(チーム名等)及び 所属先での仕事内容(トレーナー活動など)
③ 住所、電話番号(携帯)、メールアドレス
④ 懇親会の参加可否
⑤ 質問
(セミナー内容の質問やトレーナー活動中の問題点の質問がございましたらご記入ください)

申し込み順序/① 下記アドレスのメディカルトレインへメール(申込方法の①~⑤を記入)
② 申込メールを確認後、振込先をメディカルトレインからメールにて連絡
③ 参加費振込を確認後に申込完了のメールを送信(2~3日かかります)

問い合わせ/メディカルトレイン 
TEL:090-9889-1972
E-mail:medicaltrains@gmail.com
※メールをいただいてから、2~3日連絡がない場合には、電話でご連絡ください。

スポンサーサイト