FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

第18回東京スポーツ整形外科研究会

日程/4月18日(土)

時間/午後3時~6時30分

会場/イイノホール&カンファレンスセンター
(東京都千代田区内幸町2-1-1、霞ケ関駅C3出口から徒歩約1分虎ノ門駅9出口から徒歩約3分、内幸町駅A6出口から徒歩約4分)

内容/プログラム1「膝周囲骨切り術後のスポーツ復帰」
①「膝周囲骨切り術後におけるスポーツ復帰の現状」岡崎賢(東京女子医科大学整形外科)
②「スポーツ復帰を目指した膝周囲骨切り術の工夫」塩田幹夫(東京医科歯科大学運動器外科学)
③「膝周囲骨切り術後のスポーツ復帰に向けたリハビリテーション」大見頼一(日本鋼管病院リハビリテーション科)

プログラム2「腰椎分離症のマネジメント」
①「発育期の腰椎分離症のマネジメント」辰村正紀(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター)
②「成人期の腰椎分離症のマネジメント」加藤欽志(福島県立医科大学整形外科学講座)
③「腰椎分離症におけるJoint by Joint theory(JBJT)に基づくコンディショニング」本橋恵美(株式会社E.M.I)

製品紹介(久光製薬株式会社)

プログラム3「足・足関節スポーツ障害の最新治療――日米の比較」
座長:髙尾昌人(重城病院CARIFAS足の外科センター)
演者:下園由泰(NYULangoneHealth, New York University School of Medicine)

参加費/3,000円(事前申込不要)
単位申請費:各1,000円
※当日、会場受付にてお支払
※情報交換会は実施いたしません。

問い合わせ/第18回東京スポーツ整形外科研究会事務局
E-mail:mail@tokyo-sports.net


スポンサーサイト



一般社団法人 スポーツ・コンプライアンス教育振興機構
スポーツ・コンプライアンス・オフィサー
第2回 養成講習会――時代が求める新たな⼈材育成プログラム

日程/2月29日(土)・3月1日(日)

時間/29日:午後1時~5時15分(受付:午後12時30より)
        情報交換会:午後5時30分~7時
     1日:午前9時~午後2時(受付:午前8時40分より)

会場/東京大学弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)

主催/一般社団法人スポーツ・コンプライアンス教育振興機構

目的/スポーツ界のコンプライアンスの徹底を図り、スポーツの価値と力を守り育むための
    教育・啓活動を担う専門的人材を養成する

内容/【29日】
講演1「スポーツ・コンプライアンスとは――ルールとフェアプレイ精神を守る」
    武藤 芳照(スポーツ・コンプライアンス教育振興機構代表理事、東京大学名誉教授)

講演2「スポーツ・コンプライアンス違反について――事例から学ぶ」
   ①「近年の違反事例の特徴と課題」
     増島 みどり(スポーツ・コンプライアンス教育振興機構業務執行理事、スポーツライター)
   ②「違反事例の法的解釈」
     生田 圭(弁護士、日本スポーツ仲裁機構 仲裁調停専門員

講演3「スポーツ・コンプライアン教育の方法と内容」
     工藤 保子(スポーツ・コンプライアンス教育振興機構理事、大東文化大学准教授)

講演4「障がい者スポーツとコンプライアンス違反」
     中森 邦男(日本パラリンピック協会参事、スポーツ・コンプライアンス教育振興機構理事)

「グループワーク」
進行役:東明 有美(スポーツ・コンプライアンス教育振興機構理事・関東学園大学准教授)
※近年の各種コンプライアンス違反事例について、それぞれの特徴、発生要因と背景、事後対応、再発防止、今後の指導・教育のあり方等についてファシリテーターの指導・助言を参考にしながら、討議、発表、意見交換等を行う。

[ファシリテーター(指導・助言役)] 機構の理事・監事及び外部専門家
情報交換会

【1日】
講義5「スポーツ競技団体のガバナンス(組織統治)体制の現状と課題」
    櫻井 康史(スポーツ・コンプライアンス教育振興機構理事・事務局長、弁護士)

講義6「コンプライアンス違反としてのスポーツ・ドーピングについて」
    室伏 由佳(順天堂大学スポーツ健康科学部講師、女子ハンマー投げ日本記録保持者)

講義7「不適切な事案が発生した場合の対応」
       ①「競技団体内のコンプライアンス事案処理の活動経験から」
          辻村 哲夫(日本学生野球協会審査室長)
       ②「対応組織、規則、処分、公表等について」
          上柳 敏郎(スポーツ・コンプライアンス教育振興機構副代表理事、弁護士)

「筆記試験」

「総合質疑・討論」(両日の講師・ファシリテーター参加)

募集人数/100名

対象/2019年4月1日時点で満18歳以上で、スポーツ・コンプライアンス教育の普及・啓発に関心を有する者

受講料/33,000円(消費税込、受講費、資料代、審査・認定料を含む)

募集手続/① 本機構ホームページより所定事項を記載してお申し込みください。定員100名、キャンセル待ちは20名、計120名に達し次第、締め切り

② お申し込み受け付け後、事務局よりメールにて受講案内・受講料の振込方法等を順次ご案内致します。

認定/所定の講義を全て受講し、認定試験に合格した者に、本機構より認定証を授与する(資格の有効期限は4年間)

問い合わせ/一般社団法人 スポーツ・コンプライアンス教育振興機構
(担当:千明(ちぎら)、中山、鈴木)
TEL:03-5521-2205
(原則として、火・水・木・金の午前10時~12時、13時~15時に在席。不在の際には、メール・ファックスにて)
FAX:03-3581-2210
E-mail:info@spo-com.org