FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
本日、101号「特集 メディカルストレチング―筋と脳の再教育という考え方」が発売になりました。

この特集では、愛知医科大学運動療育センターの丹羽滋郎先生のグループの成果をまとめました。
特集1「はじめに」では、過去の特集等のおける記事とこのたび刊行された『メディカルストレッチング-筋学からみた関節疾患の運動療法-」について紹介。この特集の意図を掲げました。

特集2「「メディカルストレッチング」の誕生-「患者さんが教えてくれた」」では、メディカルストレッチング誕生のいきさつと、その主たる理論と方法について紹介。

特集3「メディカルストレッチングと筋と脳の再教育〔実践編〕」では、図41点、表1点を用いて、さらに詳しく理論と実践をまとめました。

この特集で、メディカルストレッチングについて相当詳しく知ることができます。スポーツ現場、臨床現場においてすぐに活用していただけるものです。

また、メイントピックでは東海大学の産学連携プロジェクト・健康医科学研究について紹介、宮下充正先生には、「高い運動強度のインターバル・トレーニングでも、短期間で全身持久力が向上する」という論文の紹介記事を寄せていただきました。

もちろん、好評連載も満載です。

お求めは、電話(03-3372-6251)、ファックス(03-3372-6250)、メール(bhhd@mxd.mesh.ne.jp)のいずれでもけっこうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/112-02b9717c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック