FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
122号は、今佳境。「動作分析」をキーワードに、4人の先生に取材。

動作分析はむずかしくて、それでどうなるの?という疑問も出てくるが、今回はぐっと現実的にみていきます。動作を理解することはコーチングでもスポーツ医療でも基本中の基本。でもそれがやさしくはない。同じものをみていて、意見が違ってくることも珍しくない。

今回の福田先生もACLは下腿内旋で切れているという説なのだが、どう説明してもなかなか理解してもらえないとか。先生の話とデータからすると、「正解」と思うが、そう簡単ではないようだ。

さて、入稿日は16日。間に合うかどうか。これからが正念場です。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1145-f2151ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック