FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
霊峰 比叡山


比叡山延暦寺に行ってきました。

延暦寺は788年に伝教大師最澄によって建てられた寺です。

あいにくの雨だったのですが、早朝の延暦寺は霧に覆われ、静かで荘厳なたたずまいでした。

6時30分より根本中堂にて朝事を体験しました。

根本中堂には、最澄の開山以来いちども絶やされたことのない「不滅の法灯」が存在します。
実はこの法灯、信長の焼き討ちのさい一度消えてしまったのですが、山形の立石寺に分灯されていた法灯を分けてもらうことにより再び「最澄のともした灯」を復活させているのです。

1200年以上もの間、同じ灯がともっている・・・。

これこそが伝統であり神秘ですよね。

「不滅の法灯」と同じように私達にはずっと繋がってきた命があります。

我々の祖先がその時代を懸命に生きて、僕らにつないでくださった・・・。

今からは想像を絶するほどの苦しい時代もありました。
近代では大東亜戦争を跨いだ時期でしょうか・・・。
祖先から受け継いだ日本を守るため、また未来の日本を守るために幾多の外国列強からの圧力や困難に対して、国民全員が死を賭して戦ってこられた。
これについてはいろんな意見があるところですが、

「その時代を生きた日本人が自分の命を捨ててまで日本の誇りと未来の日本を守ろうとした」

ただこのことだけは今を生きる我々は敬意を持たなくてはならないと思います。
今の繁栄は過去の歴史の上にあるということを私達の世代は絶対に忘れてはならないと思います。
だから自虐的歴史観を植え付ける今の歴史教育はぜひ見直して欲しいと思います。


これからの日本を作るのは間違いなく『教育』です。

2006年、安倍内閣は、「国を愛する心」や「日本の伝統尊重」を盛り込んだ教育基本法改正案を国会に提出しました。
日教組はこの法案に強く反対し、労働組合・市民団体と共に「教育基本法改悪ストップ 全国集会」とデモを繰り返し開催し、国会前での座り込みなどを行いました。

なぜ国民が国を愛する心を育むことに問題があるのでしょうか?
なぜ伝統を重んじ日本人としての道徳感を養うことに問題があるのでしょうか?
私にはこの日教組の行動が到底理解できません。

「国家の品格 藤原正彦 著」が227万部で2006年トップセラーになったことや武士道精神が見直されていることなどから日本人は今のままではダメだということは気づいているんだと思います。


でも偏向報道が著しい今のメディアでは、日本人ダメダメ感を募らせるような報道が多く、世界のために素晴らしいことをしてもあまり取り上げないといったことが多い。

とくに麻生政権時はそういった偏向報道が強かったように思います(youtubeにもたくさん出ています)。

メディアは簡単に事実を捏造して、自分たちの思想や利権に都合がよいような報道をしています。

私はメディアをあまり信じていません。
それよりも興味がある分野に関しては幅広い観点に立ってネットから情報を得ることが多いです。
これでも事実かどうかはわかりませんが、メディアよりはマシかと思います(両方の意見を知ることができるので)。

ホント事実がわかりにくい世の中になっています・・・。


先ほど日教組の話題を出しましたが、悲しいかな日教組と強く繋がっているのが民主党です(日本教職員組合)。


日本はどこに向かうのか。


今非常に大切な時期だと思います。


メディアに流されることなく、事実を自分の目で確かめて参議院議員選挙の投票に行きましょう!

ReCo代表 吉村直心
げんき整骨院
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1162-e0ea3596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック