FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
昨日会った理学療法士の人、「ACLの号、あれだけまとまっていれば十分ですね」と嬉しい言葉。熟読して感想を言ってもらえるのでありがたい。

ある号など、常に持ち歩いて時間があれば読んでいたとか。そういう読者の声を聞くと、いいものをつくっていかないとなと思う。編集者は、というか雑誌はそういう声に育てられる。もちろん、苦情もよい薬になる。なかなか言ってもらえないことを言ってくれるのだから、これもまたありがたいことである。

ACLリハの号、どうやってつくったのか、ちょっとネタばらしして、「でも、毎月たいへんでしょう」と言われ、そうなんだけど、これが仕事だからなあと。

今月は休刊でよかった。ACLリハの号、芯から疲れたので、なかなか復活できない。暑さもあるけれど、頭が休息を要求しているようです。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1234-c6a26fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック