FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
貴船神社

仕事が少し早く終わったので貴船神社に行ってきました。
貴船 川

御祭神は高靇神・闇靇神(タカオカミノカミ・クラオカミノカミ)という水を司るとされる女性の神様です。女性の神様ですので、美容や病気・悩み…女性に関する事にも強い神様だそうです。

縁結びの神様でも知られ、和泉式部が夫との愛を取り戻したいと参拝し願いがかなったという言い伝えがあります。
貴船 灯篭2

本宮の本殿が2007年に新しく建て替えがされたそうで綺麗でしたが、私が惹かれたのは奥宮の方でした。奥宮は旧本殿であったそうで今の本殿から7~8分歩いた所にあります。そこに座り、周りの木々を眺めていると心がスーと透き通るような感じになりました。
貴船 奥宮

貴船神社は、貴船山の全体が神域でもあり、ご神体でもあります。そこに湧き出る水は聖なる水ともいわれ、一度も枯れることなく湧き続けているのだそうです。云わば神様の御神気のこもった御神水で水質調査でも良質とされ、飲むこともできるキレイな水です。
貴船神水

そこに見覚えのある言葉が立札に書かれていました。

~水五訓~
一、自ら活動して他を動かしむるは水なり。
二、常に自ら進路を求めて止まざるは水なり。
三、自ら清くして他の汚水を洗い清濁併せ容るるの量あるは水なり。
四、障害に逢い激しくその勢力を百倍するは水なり。
五、洋々として大洋を充たし、発して蒸気となり雲となり雪と変し霰(あられ)と化し凝っては玲ろうたる鏡となる。而もその性を失わざるは水なり。


水五訓といえば黒田如水と思う方も多いかもしれません。私もそうでした・・・。黒田如水と貴船神社と関係があるのかわかりませんが、そもそも水五訓は黒田如水が考えたものではなさそうです。昭和になってから作られたのではないかといわれています???

水はその本来の活動をして、他の全ての生の源となり原動力となっている。

水は自ら流れ行く先を決め、その流れを止めず常に進んでいる。

水は穢れを洗い清め、善も悪も受け入れる器を持ち、自らはその清さを保ち続ける。

水は障害にあってその力を百倍に高める。
水は環境の中で様々な形に変化するが、「水」本来の性質は決して失わない。


う~ん。。。実に深い言葉です・・・。

貴船といえば川床が有名です。この日も料理旅館に行かれる方が多くおられました。

私のお薦めは栃喜久さんです。ここの支配人はすごく良い方なので貴船に行かれた際はぜひどうぞ・・・。

ReCo代表 吉村直心

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1255-b57a4c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック