FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
124号の特集、ポイントは2つ。

1つは、東京電力の大後茂雄さんが、ケニアのマラソンを視察、その生活ぶり、練習内容、走り方などを調査・報告。朝2時間程度の練習でなぜあんなに強いのか、日本が学ぶ点は何か。

もう1つは、先のサッカーW杯での日本代表チームの高地順化および関連の体調管理をどう行ったのか。国内から参画、現地にも帯同した杉田正明先生に具体的に紹介してもらいます。これは多くのチームまたメディカルスタッフに参考になるところです。

今、急ピッチで編集中。写真は座談会の風景です。左が大後氏、その横が杉田先生、向かいがオブザーバー的に参加された東電女子サッカー部GMの小野俊介氏です。(清家輝文)
DSC_0815.jpg


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1286-ab498f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック