FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
10月9日(土)に、東京農業大学世田谷キャンパス百周年記念講堂にて
『日本食育学会・公開シンポジウム2010』が開催されます。

今回のテーマは「地域に開かれた食育を―「足元の資源」を見直す食農環境体験活動・実践報告」です。

基調講演:「地域に根ざした食育」はどんな実践手法ですすんでいるか
      ~「地域に根ざした食育コンクール」の9年を振り返る~
        栗田庄一氏(地域に根ざした食育推進協議会前事務局長・農文協理事)

実践報告:①「緑のカーテン」が、環境・農・食を結ぶ
      <「楽しく快適でおいしい体験」を子どもたちへ>
      菊本るり子(板橋区立高島第五小学校教諭)

     ②農家指導型体験農園で広がる新たな都民の結びあい
      <都市農業を、農家主導の「食育」の場に>
       白石好孝(大泉風のがっこう主宰)

     ③食と緑の多摩ニュータウンをめざして
      <食と農を結び、新たなライフスタイルの創造へ>
      澤登早苗(恵泉女学園大学人間社会学部人間環境学科教授)

の内容です。

詳しくは、日本食育学会HPをご参照下さい。


(編集部 田口)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1301-8c53eef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック