FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
本日紹介する下の写真は、大後茂雄さんらがケニアのマラソンランナーのフットプリントをとっているところです。形態や心拍数などのデータもとっておられます。現地でもそのデータをコーチに示したところ、測定や検査だけで、データをもらえず、そのままのことが多いのだとか。その意味でも日本人は信用できるといわれたそうです。

別にケニアだけの問題でなく、調査・研究の場合、そうしたフィードバック(しかも早期に)が大事ですね。「われわれはモルモットではない」というケニアの人の言葉は、どの対象者にも言えることではないでしょうか。(清家輝文)

フットプリント

★写真は大後茂雄氏の許可を得て掲載。無断ではご使用いただけませんので、ご注意ください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1313-0233ced3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック