FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
125号は、現在最終校正段階。宮下先生の校正も終わり、あとは編集部で何回かチェックして終わりになります。

特集の概要は以下のとおり。本文19ページ、カラー2ページ、計21ページです。

特集「投球動作と障害の研究―現場から始まり、現場に戻る―」
1 投球動作と障害の研究の基礎を築いたもの
  宮下浩二・中部大学生命健康科学理学療法学科准教授、理学療法士
2 バイオメカニクス研究「拡大期」とその後の発展、今後
  同上
■現場のコーチ、選手の声 堀田崇夫・中部大学硬式野球部コーチ

圧巻は、18年にわたる宮下先生の研究を35点の図でまとめて示したところでしょうか。96年の図から掲載します。
明日、仕上げます。あともうひとふんばりです。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1334-354114e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック