FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
本誌82号「特集 足の話」で紹介した、三宅秀敏氏(上級シューフィッター)が、「アスリートクラブ神田店」に引き続き、「アスリートクラブ横浜店」を、6月7日(土)にオープンした。
三宅氏 アスリートクラブ
誌面でも紹介したように、アスリートクラブでは、足の測定をしたのちに、自分の足型にあった足底板をつくり、オーダーメイドのシューズをつくってくれる。
三宅氏自身もウルトラマラソンなど走られる現役市民ランナーであることや、三宅氏の親身になって対応してくれる人柄から、全国から多くのランナーやアスリートたちが、自分の足にあったシューズを求めて、アスリートクラブを訪れる。

前回の取材をきっかけに、私も2足ばかり、ビジネス用にとシューズをつくっていただいた。そのときに自分ではわからなかった足のクセや足の問題など、するどい指摘をいただいた。それまでデザイン重視や楽だからと購入していた靴が、自分の足にあっていなかったり、いかに自分の足を知らなかったのか反省。
今では、そのときに作っていただいた靴が、1日中仕事で歩きまわっても疲れないため、からだは正直なもので、その2足を自然に選んで履き続けてしまう。

スポーツ選手なら、なおさらパフォーマンスに影響してしまうものだから、自分の足にあったシューズでベストパフォーマンスを発揮してほしい。

お知らせしているように、本誌No.102も「足底板」の特集である。こちらも参照いただき、自分のシューズについて見直してみていただきたい。

なお、「アスリートクラブ横浜」の地図を紹介しておくので、自分のシューズについて真剣に見直したい方は、一度足を運んでみてはいかがだろうか。(田口久美子)

横浜地図
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/138-be93a13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック