FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
テンセグリティ

今年もあと1ヶ月あまりとなりました・・・。

早い・・・あまりにも早すぎる・・・。

みなさん今年の目標に対する進捗はいかがでしょうか?

年初に行った自己分析と現在を比較してみると、相変わらず同じような問題が多くあります。が、確実に改善した所もあるようです。これはちょっと嬉しかったですね・・・。

相変わらず時間に追われ、余裕がない生活をしていますが、来年こそはどんなに追いこまれてもドシンと腹を据えているような人物に近づきたいと思います。

現在、臨床観をまとめています。

今年は「筋膜」ということをキーにして色々な症例の治療を行ってきました。

やはり第二の骨格といわれる「筋膜」は非常に重要なものであると再認識しています。

また「テンセグリティ」という考えが私の中で重要なものとなっています。

「テンセグリティ」とは「テンション=tension」と「インティグリティ=integrity」、すなわち緊張を総合的に統合するといった造語です。

私達のカラダは多くの筋、筋膜、腱、靭帯あるいは皮膚などの軟部組織に覆われ、それぞれの緊張の度合いによって骨の並び(アライメント)が変わります。

普段とっている姿勢や動作習慣が軟部組織の偏った緊張をつくりだし、その結果アライメントや姿勢が作られています。

普段のアライメントや姿勢が偏っているとある部分に集中的に負担が集中して様々な症状を惹き起こしてしまいます。慢性的な障害はアライメントや姿勢に起因していることが多く、テンセグリティを考えることは非常に重要な視点です。

最近良く見るようになった、肩コリ、頭痛、腰痛、膝痛などは、テンセグリティを考慮してセラピーを進めていかないと単にその場しのぎで「気持ちよかった。」で終わるでしょう。

やはりセラピストである以上、根本原因に対して治療していきたいものです。


また追々テンセグリティを考慮したアプローチをこのブログでも配信していきます。

ReCo代表 吉村直心


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1382-6c066c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック