FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
大阪羽曳野市・島田病院の島田永和先生から、新刊の著書『痛い腰・ヒザ・肩は動いて治せ』が送られてきた(朝日新書、できたて)。

P1000014.jpg

島田先生の「師匠」は故・市川宣恭先生。動くことの大切さをいやというほど教えられた。スポーツ整形外科医として、羽曳野市で広範な活動をされる島田先生は、スポーツ選手はもとより、仕事に従事する社会人、高齢者、子ども、障害者など、師匠から教えられた「動いてナンボ」の精神で整形外科医として接してこられた。

この本、いわばその精神にあふれたもの。とはいえ、しっかり読むのはこれから。102号のBooks欄に掲載します。

本屋さんで見かけたら、ぜひ手にとってみてください。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/139-579947a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック