FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
現在「足底板」の特集をまとめ、構成の段階。各先生に昨日原稿を送り、確認していただいている。

今回は、入谷誠、川野哲英、吉村直樹、大久保衞の4先生がメイン。13年前の取材時からみなさんの変化、進化がよくわかる。

足底板は、足の裏にアーチやパッド、チップなどをつけることが多い。ほんのちょっとしたものがつくだけで足、下肢、ひいては全身の動きが変化する。

靴や足については、スポーツ選手でも敏感な人とそうでもない人に分かれるが、レベルが上がってくると、ほとんどの選手は靴や足に敏感になる。それだけパフォーマンスに大きな影響が生じることをよく知っている。

だが、足底板となると、処方、作製してくれるところがまだそう多くはないし、けっこう費用もかかるので、どの選手もというほど普及はしていないが、使ったことのある人はもう手放せないようだ。

やはりその人その人に合わせて時間もかけて作製するので、どうしても費用はかかる。材料だけでも数千円になるだろう。

この足底板をどうつくるか。そこにロジックがあり、アートがある。サイエンスとして捉えたいというのが大久保先生の姿勢だが、もちろんそうたやすくはない。だが、いずれ多くのエビデンスが出てくることだろう。

今回は記事が多く、特集は15ページ。凝縮した内容になる。特集以外では、「続・投球障害」の連載が始まる。最初は、信原先生に登場していただく。

濃い中身です。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/141-ab069cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック