スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
ヤマを下りる

 マチにあるハウスのお向かい(10メートル先)は、穂高岳山荘主人宅です。ヤマにあるハウスのお隣(500メートル先)は、チョモランマ登頂経験者の家具職人宅です。どちらも、ワタシが教えをこうた人たちです。山小屋を立てて90年近くたつ穂高御仁は2代目。

 ワタシたちの活動「飛騨シューレ」が5年目にはいるのに、なかなか芽が出ない、とある雪の日の午後、お宅の暖炉のそばでお茶を飲みながら、愚痴ると、

「あのね、山小屋の前にあるテラスの石畳を敷くのに5年、小屋の石垣改修は8年かかる。1年のうち、たった2カ月の夏の間、登山客のお世話に追われながら、時間を見つけ、一個一個、石を敷き、石を積んでいくんだよ。で、やっと出来上がり。5年なんて、まだまだ・・・・」。

 で、気を取り戻しました。チョモランマ御仁と、ヤマのハウスで一献傾けながらの、とある雪夜、

「筋の通った生き方をすべき、それから人生において突きつけられたモノに対し、YES、NOをはっきりすること。NOといえば、すべてを敵に回すこともあるけれど、YESの道を貫け。もし、どこかに住んだなら、その土地を敬え。郷に入れば郷に従え」

 と、厳しく叱咤されました。

 で、ワタシは、筋は通したいし、YES・NOはいえますが、郷に入れず、初夏を目標に、新しいハウスが見つかり次第、3年間過ごしたヤマを下り、マチで暮らすことにしました。


山田ゆかり(スポーツライター、早稲田大学非常勤講師、一般社団法人飛騨シューレ代表理事)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1486-17be85a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック