スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
卒部生へ

例年、この時期は卒部式がある。

卒部式は、最上級生としての任を終え、新たなステージに旅立つための儀式である。

先週は二つのチームの卒部式に招かれました。

思い返すと短くも長い年月。。。いろんな思い出が詰まった言葉を聞いて胸が熱くなる。

苦しみながら、もがきながらも熱く燃え続けた経験は人生の宝物です。

社会に出てからはこんなに熱く燃えることには、なかなか出会えない。けど、必ずある!


そもそもスポーツをやり始めた時、心から楽しいと思った人はどれくらいいるでしょうか?

両親や先輩、友人に無理やりやらされていた人も結構いるのではないでしょうか?

何かのスポーツに本氣で打ちこみ、それから離れなければならない時、

心からそのスポーツが好きになっている。

困難を克服しながら、みんなで支えあいながら獲得した『好き』は、

やり始めた時に思う『好き』とまったく異質のものです。


仕事も同じ。最初は楽しいことなんて少ないかもしれない。

でもどんなしょうもないと思っていることでも本氣になって続けてみたら、

ようやくその本質に出会えて楽しいと思える。

ホンマの楽しさっていうのは、何回も転んで苦しんで這い上がってまたつまずいて・・・

そんな中から何か気付いたときに見出せるんじゃないでしょうか。


自分が本当にやるべき仕事をやり、進むべき道を歩む。


頭でばかり考えて行動をなかなかできない人はチャンスを逃す。

行動を起こすと世界が少し変わるんです。

行動しないで考えている世界から一歩踏み出した世界は違っているんです。

だからまず行動してください。

そして目の前の仕事に一生懸命打ち込んでください。

いい加減に中途半端にばかりしていると人は手を差し伸べてくれません。

人はひとりでは生きられません。

『あなたのために手を差し伸べたい』

そう思ってもらう量があなたの人間力なのです。

そのためにはまずあなたが一生懸命世の中に向き合い、

あなたから人に手を差し伸べてください。

そういった行動があなたの進むべき道へと導いてくれるはずです。


生きる目的を明確に持った人間は本当に強い。

自分は何のために生きているのか・・・。

すべての判断基準をそれに照らせば、ぶれることはないでしょう。


人生は選択の連続です。今ここにいるこの現在地が今までの選択の結果です。


『やるか』『やらんか』・・・。


良い選択をすることが良い人生を歩むということではないでしょうか。

だからその判断基準の根幹となる『生きる目的』を探してほしい。


係わったすべての卒部生の方へ

Good luck! 幸運を祈る!

ReCo代表 吉村直心
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1500-9fdc923f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック