スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
■公開シンポジウム「子どもを元気にする運動・スポーツの適正実施のための基本指針」>

●開催要領

日 時:平成23年3月9日(水)13:00−17:00
場 所:日本学術会議講堂
〒106-8555 東京都港区六本木 7-22-34  TEL:03-3403-6291(代表)
地下鉄千代田線「乃木坂」青山霊園方面出口(出口5 番)より徒歩1分
主 催:日本学術会議健康・スポーツ科学分科会
参加費無料、事前登録不要

開催主旨:
日本の子どもの体力低下が注目され始めてからすでにかなりの年月が経過し、各界においてさまざまな子どもの体力向上のための取り組みが行われている。子どものうちから活力を増進しておくことは、将来の社会の活力を増進することにつながる重要な方策である。本シンポジウムでは、こどもの体力・健康を高める活動に対する学術的支援を目的として、体力・健康に関わる学術研究の成果に基づいて、子どもの活力を効果的に高めるための運動実施に際して準拠すべき基本的な指針について検討する。

シンポジウムプログラム
総合司会 大築立志(東京大学名誉教授、日本学術会議連携会員)
13:00 開会挨拶 福永哲夫(鹿屋体育大学学長、日本学術会議会員、健康・スポーツ科学分科会委員長)

13:05-14:20 第1部 運動・スポーツの子どもへの効果
司会 高松薫(流通経済大学教授、日本学術会議連携会員)
13:05 体への効果—体力・スキル・健康
岡田知雄(日本大学教授、日本学術会議連携会員)
13:27 心への効果—気力・意欲・心理的安定・性格
杉原隆(十文字学園女子大学特任教授、日本学術会議連携会員)
13:49 知力への効果
大築立志(東京大学名誉教授、日本学術会議連携会員)
14:11-14:20 第1部総合質疑
14:20-14:25 休憩

14:25-15:35 第2部 子どもの活力を向上させる運動・スポーツ適正実施基準への学術的提言
司会 田口貞善(奈良産業大学教授、日本学術会議連携会員)
14:25 文部科学省体力・運動能力調査からみた子どもの活力向上への提言
内藤久士(順天堂大学教授)
14:48 運動遊びによる動きの習得からみた子どもの運動指針への提言
中村和彦(山梨大学教授)
15:09 子どもの基礎的な動きの評価法
佐々木玲子(慶應義塾大学教授)
15:31-15:40 第2部総合質疑
15:40-15:45 休憩

15:45-16:35 第3部 子どもの運動・スポーツ適正実施のための基本指針
司会 福林徹(早稲田大学教授、日本学術会議連携会員)
15:45 子どもの運動に関する諸外国のガイドライン
下光輝一(東京医科大学教授、日本学術会議連携会員)
16:07 日本の子どもを元気にする運動・スポーツ実施の基本指針
大築立志(東京大学名誉教授、日本学術会議連携会員)
16:29-16:35 第3部総合質疑
16:35-16:40総合討論準備
16:40-17:00 総合討論
司会 大築立志(東京大学名誉教授、日本学術会議連携会員)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1505-48b5f52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック