FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 

今話題の「スポーツ遺伝子」を知る

遺伝子を調べる事で、どのようなスポーツ種目が合っているか?
どのようなトレーニング方法が合っているのか?
自分の遺伝子タイプを知り”可能性”を広げるためのセミナー

今回のセミナーではNHKの「追跡A to Z"金メダル遺伝子を探せ"」を始め、多くのメディアで紹介された『スポーツ遺伝子テスト』を提供している㈱スポーツスタイルの佐藤信幸社長を迎え「スポーツ遺伝子テスト・ベーシック3」を詳しく解説します。

【スポーツ遺伝子テスト・ベーシック3の概要】
選手の体質には個人差があります。
例えば同じトレーニングメニューを課しても、その効果が出やすいタイプや出にくいタイプ。またトレーニング後の疲労が抜けやすいタイプや抜けにくいタイプなど、選手によってさまざまです。
スポーツ遺伝子テスト・ベーシック3では、ACTN3遺伝子テスト(筋肉特性)ACE遺伝子テスト(持久力特性)UCP2遺伝子テスト(省エネ特性)3種を調べ、各アスリートの運動特性を詳細(27タイプ)に分類し、どのようなタイプなのかを見抜く事が可能となります。
それに基づき適性競技種目、トレーニング方法、コンディショニング調整法、食事法などに活かせ、選手それぞれの体質に合わせてオーダーメイド的なトレーニング指導が出来ることになります。

当テストは、2003年にオーストラリアスポーツ研究所とシドニー大学、オーストラリア国立大学が、50人のオリン
ピック選手を含む300人以上のトップアスリートの検査を通して共同開発。その後、メルボルンの遺伝子検査会社ジ
ェネティック・テクノロジーズ社(GTG社)がテストシステム全体を買い取り、国際特許を取得。2005年にスポー
ツスタイルが、日本における総販売代理店契約を締結し、これまでに日本人トップアスリートをはじめ、大学・実業団スポーツチーム、幼児・小中高生まで様々なスポーツ種目に関わる幅広い層の方の検査を行っています。

開催日/5月13日(金)

時 間/18時30分~20時30分 

会 場/大宝連合会館3F(大阪市中央区東心斎橋1-14-15、地下鉄御堂筋線心斎橋駅6番出口徒歩5分、
地下鉄堺筋線長堀橋駅7番出口徒歩5分)

費 用/3,000円(セミナー後の懇親会は別途)

申し込み方法/セミナー受講お申し込みは、下記まで電話または E-mail でお願いいたします。

問い合わせ・申し込み先/㈱岸建築研究所
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-8-18 
TEL: 06-6252-3487
E-mail: hiromu@gb4.so--net.ne.jp
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1568-6338dd5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック