スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
昨日、祐天寺にある曽我武史トレーナーの治療院で、次号131号の特集「腰痛とストレッチング」をテーマに取材してきました。

腰痛患者さんへの対応を聞いていたのですが、ストレッチングも用いるものの、どちらかというと動きの改善がメインで、筋の張りの感覚など、動きを改善していくうえでの患者さんの感覚をどう伝えるかが興味深いところでした。

鍼も用いるけれど、自分はアスリートをみてきたので、一般の人でも、脈がどうこうというより、姿勢や動き、筋の状態などから判断してアプローチしていくことのほうが多いとのことで、なるほどなと思いました。

こういうアプローチも130号でやった「リコンディショング」だなあと思ったしだいです。(清家輝文)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1585-d859fdf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック