スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
132号は、本日発売です。特集は「動きに目覚める-痛めない、傷まない、からだのメソッド」です。
ワイパー体操

写真は、矢田部英正先生に自ら考案した「ワイパー体操」をやってもらいながら渡會公治先生が解説しているところ。腰椎下部を押さえると、腰に痛みを感じるということを今やっているところ。腰椎下部を押さえないと、背骨まで動き、気持ちのよい運動になります。

この132号の詳細(特集の立ち読みも含め)は弊誌のHPをご覧ください。

来月発売の133号の特集は「関節可動域」をテーマにします。まず、先週土曜日に、東京西徳洲会病院の八木茂典先生に「膝関節」について取材しました。下の写真は、その東京西徳洲会病院に開設されたスポーツリハビリテーションセンターでリハ中のヒトコマ。円形の建物です。
東京西徳洲会病院

次号の特集も面白いですよ。ご期待ください!(清家輝文)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1647-a570e7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック