FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
7月3日の朝日新聞に「大卒2割進路未定」という見出しで記事が出ていた。

朝日新聞と河合塾による「ひらく 日本の大学」調査結果。今年3月に4年制大学を卒業した学生のうち、5人に1人は就職・進学など進路が決まっておらず、その数8万6153人に及ぶという。

また、「学部系統別でみると、最大で約5倍の格差がある」とし、理系より文系のほうが苦戦している傾向が示されたという。

この調査、全国の国公私立大学759校を対象にアンケート調査、558校(回収率74%)から回答があった。全体では、卒業生のうち就職者は62.2%、大学院等への進学が16.1%、それ以外でアルバイトなど「一時的な仕事」についた者、「不詳」などを合計すると20.8%になる。

進路未定者の割合が最高の学部系統は「芸術・スポーツ科学」(36.5%)、ついで「法・政治」(27.7%)、「文・人文」(26.2%)、「経済・経営・商」(25.2%)、「教員(教員養成課程)」(23%)、「社会・国際」(22%)。

最も低いのは「医」で6.7%、以下、「保健」(8.7%)、「薬」(9.8%)、「工」(10.6%)、「理」(12.6%)、「農」(13.1%)。

確かに理系が上位に入っている。

ここで、なぜ「芸術・スポーツ科学」なのかと思う。「スポーツ」ではない。「スポーツ科学」である。「体育」はここに入っているのだろうか。

「芸術」と「スポーツ」ならまだわかるが「スポーツ科学」。よく理解できていない。

関連記事として、「私立大学の3校に1校は、一般入試で入学する学生の割合が3割に満たない」こともわかったという。逆に「入学者のうち一般入試で入った学生の割合は大学全体で58%」(国立83、公立75、私立47%)で、学部別にみると、一般入試の割合が最も低かったのが「芸術・スポーツ科学」で約4割(文・人文、経済・経営・商は5割前後、理、工、農は6~7割、教育、医は8割台)。

このように、この調査では「芸術・スポーツ科学」が芳しくない。調査内容でわからないことが多いが、スポーツに関連した仕事をしている人にとって嬉しい話ではない。

調査は方法によって結果が違ってくる。「大学のスポーツ、がんばってるね」という記事が出てくることを期待したいものです。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1654-7dca1e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック