FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
133号、特集「関節可動域-何をどう改善するか」は本日、黒焼きも終わり、完全に校了。若干直しが出ましたが、みな処理しました。5人の先生には大変な労力を強いることになりましたが、おかげさまで、過去最大35ページの特集となりました。「保存版」として長くご活用いただけると思います。

以下、その特集の各項目です。機能解剖に基づき、適切なエクササイズに導くアイデアと方法に満ちた特集です。

133号特集「関節可動域-何をどう改善するか」
1【肩関節】
肩関節の関節可動域について
福吉正樹・名古屋スポーツクリニック、理学療法士  図24点収録

2【肘関節】
肘関節の可動域と制限因子、その対応について
鵜飼建志・中部学院大学リハビリテーション学部理学療法学科准教授、理学療法士 図16点収録

3【腰部・股関節】
腰部・股関節の可動域制限
岡西尚人・平針かとう整形外科、理学療法士 図32点収録

4【膝関節】
関節可動域エクササイズに必要な膝関節機能解剖
八木茂典・東京西徳洲会病院スポーツリハビリテーションセンター、理学療法士 図26点、表2点収録

5【足関節】
足関節における可動域改善の考え方とその方法
中宿伸哉・吉田整形外科病院リハビリテーション科、理学療法士 図24点収録

合計図122点、表2点という厖大な特集になりました。

見本ページについては、来週HPで閲覧できるようにします。作業が遅延し、今月28日発売になります。すみませんが、もう少しお待ちください。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1674-86ee163b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック