スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
2011年夏

 8月もあっという間に終了。今年の8月は怒涛の如く過ぎていきました。仕事先の学校や病院は休みが多くなり迷惑をおかけしましたが、私個人としてはかなり充実したひと月でした。

 まずは人生初の甲子園。球場へ行くのも初めてでしたが、開会式も初めて、試合観戦も初めてと、すべてが初めてづくし。

 次は福島大学の新潟合宿。合間の休日にOLたちと海水浴場へ。人生初の日本海海水浴。海へ入ることすら超久しぶり。この年になってもかなり楽しみました。

 翌週は第19回日韓中ジュニア交流競技会女子バスケット代表に帯同。この大会は日本・韓国・中国で順番に開催され、各国代表と開催都市の代表の4チームで親善試合。親善試合なので勝っても負けても順位はつきません。

 その次は韓国テグ世界陸上観戦。今回は女子400mHに出場した久保倉里美選手のサポートがメインだったので、久保倉選手と会う以外は観客席で試合観戦しました。久保倉選手は予選最後の組。各組4着までに入るとそのまま準決勝に進み、それ以外の選手はタイムが良い順番に拾われていきます。なので、二瓶コーチが各組5着以下のタイムをメモ。

 いよいよ久保倉選手の出番。1レーン。CIMG1318.jpg
 バン!号砲一発でスタート。良い感じじゃないと思いつつ「久保倉がんばれ~」と声援を送る。ゴール直前2レーンの選手と競り合い。どっち? ドキドキしながら電光掲示板をみると5着にSATOMI KUBOKURAと「q」の文字。通った!!
 川本先生と二瓶コーチとハイタッチ。ウルッとくる。川本先生がツイッターでその喜びを伝えようとするとすでに他の人が「久保倉残念、準決勝敗退」とつぶやいている。
 こっちの3人は「はぁ?!」と驚くやらなにやら。日本に電話をしてみたり、Webで調べてみたりもするが埒が明かない。そのうち、敗退とつぶやいた人が「間違い、準決勝進出」とふたたびつぶやいてくれたので、3人ともホッと胸をなでおろしました。

 その後、久保倉選手は残念ながら準決勝で敗退。このリベンジはロンドンオリンピックで。

 しかし、トップアスリートの走りはテレビで見るより生で観るとすごい速い! と感動し、室伏選手の金メダルそして国歌斉唱に感動して帰国しました。

CIMG1275.jpg
CIMG1304.jpg


津田清美(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1723-dbae11c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック