FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会編集発行の“Journal of Athletic Rehabilitation No.8”は来月発行になります。11月開催される研修会の抄録も併載されます。

この号の主な内容は、以下のとおりです。

原著論文「中学校におけるスポーツ傷害の予防をどう考えるか」
浦辺幸夫ほか
症例報告「腰椎の可動性と肩甲帯の機能向上によりゴルフスィングが改善した一症例」
四之宮由紀ほか
原著論文「肩関節障害時に肩関節可動域測定として用いる指椎間距離測定活用の検討」
笠原政志ほか
同「スポーツ選手における外反母趾角の左右差が片脚立位時の足圧中心に及ぼす影響」
大隈 亮ほか
同「30秒間の閉眼片脚立位保持不可能者の足圧中心動揺周波数の解析」
佐々木理恵子ほか
同「腸脛靱帯が大腿骨外側上顆を乗り越える際の股関節と膝関節角度の変化」
冨山信次ほか
同「ハンドボールの把持力に影響する因子」
橋本洋平ほか

●第29回研修会抄録

発行され次第、このコーナーでもお知らせします。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1737-1813a649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック