スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
11月28日(水)13時半から3時間、如水会館で開催されるシンポジウム「スポーツと知識創造」では、陸上の朝原さん、バレーボールの柳本さん、ソフトボールの宇津木さんらが、選手や指導者として、何を見て(感じて)、何を考えているかなどを語ります。

また、富士通のセンサリング技術による低価格のセンサーを用いて実際に測定しているFC東京バレーボールの指導者、伊奈さんがその測定結果からセンサリングデータの可能性を語る予定。

スポーツがもつ知識、知恵をどう見えるものにして活用するか。野中郁次郎先生が最後に総括されます。

非常に面白い内容だと思います。参加無料ですが、事前に申し込みが必要です。定員があるため、お早めにお申し込みください。

詳細はこのサイトをご覧ください。(清家輝文)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1788-afda4dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック