スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
今月発売の140号の特集は以下の内容です。4氏とも理学療法士です。

特集「腹筋と背筋―体幹筋解明へのアプローチ」
1 筋緊張検査から考える「腹筋と背筋」 鈴木俊明・関西医療大学大学院教授
2 腹筋群、とくに外腹斜筋と内腹斜筋のはたらきについて 渡邊裕文・六地蔵総合病院
3 腹筋群と背筋群の筋電図学的考察 三浦雄一郎・第一岡本病院
4 トップアスリートに対する「腹筋と背筋」の捉え方 栗田 聡・ヤクルトスワローズ


腹筋と背筋という当たり前のように捉えていた筋群。その実態がわかりつつあります。
「腹筋強化」あるいは「背筋強化」と簡単には言えなくなってきました。(清家輝文)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1926-69d98a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック