FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
日本体育大学スポーツ医学研究室、発育発達研究室合同シンポジウム

「超高齢社会を支える運動器をつくるには
   ――スポーツの果たす役割」


sinpojiumu.jpg
 世界一の高齢者集団である日本人の健康を支える運動器をつくるには学童期からの運動習慣が重要で、それを指導すべき役割を担う本学の重要性を再認識しようとの意図で行います。

テーマ/[超高齢社会を支える運動器をつくるには――スポーツの果たす役割」

開催日時/6月23日(土)、14:00~16:00

会場/日本体育大学 世田谷キャンパス1201教室(東京都世田谷区深沢7-1-1)

【内容】

問題提起:「ロコモが体育に期待するもの」
中嶋寛之(東京大学名誉教授、日本体育大学名誉教授)

第1部:「発育発達期につくられる運動器と運動習慣」

・「現代学童の運動習慣と体力、運動器」
    具志堅 武(日本体育大学衛生学・公衆衛生学研究室)
・「学童期の運動習慣が青壮年期の運動習慣・運動器に及ぼす影響」
    津山 薫(日本体育大学発育発達研究室)

第2部:「運動習慣と高齢期の運動器機能、健康寿命との関係」

・「青壮年期の運動習慣ははたして健康寿命を延ばすのか?」
    入江一憲(日本体育大学スポーツ医学研究室)
・「地域在住高齢者の運動器機能の現状および関連する諸要因」
    齋藤義信(藤沢市保健医療財団、慶応義塾大学スポーツ医学研究センター)

第3部:「総合討論」
座長:入江一憲、津山 薫

参加費/無料

【問い合わせ】
日本体育大学
スポーツ医学研究室 入江 一憲
TEL&FAX:03-5706-0991
E-mail:irie@nittai.ac.jp

発育発達研究室 津山 薫 
TEL&FAX:045-963-7939
E-mail:tsuyamak@nittai.ac.jp
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/1974-66f0d1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック