スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
スマホ向けアプリ「健康増進アシストサービス」が「gooからだログ ヘルスアシスト」として提供開始
~食事写真からの自動推定カロリーや歩行数などの毎日の記録が容易に~

 NTTレゾナント株式会社とfoo.log株式会社は食事写真から自動で食事カロリー値を推定できるスマホ向けアプリ「健康増進アシストサービス」について、本日より、NTTレゾナントが提供する「gooからだログ」にて「gooからだログ ヘルスアシスト」として提供を開始します。

_prw_PI2im_38CK3891.png 「gooからだログ ヘルスアシスト」の提供により、体重や歩数などダイエットに必要な約200項目に加えて、ユーザーは食べたものや数値を算出することが困難だった食事カロリーについて、より簡単に記録することができるようになります。なお、利用料は無料です。

1. 背景
 2011年2月より、NTTコミュニケーションズ株式会社と共同で実証実験を行ってきた「健康増進アシストサービス」は、世界で初めて食事写真から食事カロリーを自動で推定算出するとともに、ウォーキング時などにカロリー消費量を自動で算出し、記録する機能を提供してきました。

実証実験開始以来、約12万人のユーザーに利用いただき、約60万枚の食事写真がアップされています。

 実証実験では、継続利用者(5回以上体重の記録を行ったユーザー)は3人に2人(66.2%)がダイエットに成功している(※)という検証結果を得ることができました。
 食事画像からの自動カロリー推定機能等の提供により、毎日の記録を簡易に行えることが健康管理につながると判断し、「gooからだログ」にて「gooからだログ ヘルスアシスト」として引き続き提供することとしました。

(※) 体重数値を複数回記録しているうち、最後に記録した数値が最初の記録値よりも少なくなっているケースを成功と定義しています。

 「gooからだログ ヘルスアシスト」で提供される食事画像からの自動推定カロリーや歩行記録による消費カロリー等の記録データは、「gooからだログ」の約200項目の記録項目の一つとして管理することができ、容易に記録できるようになります。なお、利用料は無料です。

2. 「gooからだログ ヘルスアシスト」の概要


(1) コンセプト
 “簡単な操作性と個人に適したコンシェルジュで、健康な生活習慣をサポート”

(2) 特徴的な機能・仕様

 <1>食事写真から食事カロリーを自動推定
  食事の前にスマートフォンなどで写真を撮影するだけの簡単な操作で、クラウド上の食事画像解析システム(※1)により、カロリー値を自動推定して表示し、記録します。
  食事写真からカロリーを自動で推定算出するシステムは、東京大学情報学環・情報理工学系研究科相澤研究室にて開発されました。

 <2>エクササイズ動画を活用した細やかなコンシェルジュの提供
  身長・体重や摂取・消費カロリーの状況や行動履歴などをもとに、本格的なエクササイズ動画を活用して個人に最適な提案(コンシェルジュ)をします。

 <3>あらゆる機能によりユーザーのモチベーション維持・向上を支援
  Twitter、Facebookと連動して自分の記録を書き込めるソーシャル機能、他のユーザーをライバルに設定し進捗を確認するライバル機能、サービス利用当初の自分と比較できるビフォー・アフター機能などにより、ユーザーのモチベーションの維持・向上を図ります。

(3)本サービスの提供体制
 ■NTTレゾナント :サービス運営
 ■foo.log :食事画像解析(カロリー/食事バランス推定など)システムの提供・保守・運用。さらに、本サービスは食事・運動に関わる豊富なノウハウを有する、以下の事業者の協力により実施しています。
 ●国立大学法人 東京大学 :食事画像解析(カロリー/食事バランス推定など)基盤技術に関する研究開発成果の提供
 ●株式会社ティップネス :運動/エクササイズに関わる動画コンテンツなどの提供

3. ダウンロード方法
 iPhone版はAppStoreより、Android版はGooglePlayより「ヘルスアシスト」で検索。
 なお、URLより、それぞれのダウンロード画面へと遷移することも可能です。

4. 今後について
 NTTレゾナントとfoo.logは、今後も食事解析を利用したサービスを通じて、ユーザーの健康増進に向けた取り組みを推進していきます。

(※1):食事画像解析システム
 食事画像解析技術は、東京大学にて開発されました。foo.logはその知的財産のライセンスを同大学から提供され、本システムを開発しています。なお、本システム は、独立行政法人科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業(CREST)における研究領域「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」の研究課題 「“食”に関わるライフログ共有技術基盤」(研究代表者:東京大学 情報学環・情報理工学系研究科 教授 相澤清晴)として支援を受け、研究開発されています。

【問い合わせ先】
NTTレゾナント株式会社 広報担当
広報担当:立石、小原、岩間、池田
E-mail:pr@nttr.co.jp
電話番号:03-6703-6250
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2058-f2d74397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック