スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
144号の特集、「足のアーチ」をテーマに、今日は、内田俊一先生と渡會公治先生に取材してきました。

内田先生には靴やインソール(オーソティクス)との関係の話がメインですが、多くの人が適切な靴を履いていないという指摘、つまり長さしか気にせず、幅は広めの人が多いとのことでした。荷重位と非荷重位では足の大きさは当然異なりますが、どちらのサイズで靴を選ぶべきか。なんと、非荷重位のほうがよいようです。

ランニングシューズとウォーキングシューズでは同じサイズ(たとえば24センチという表示)でも、実際の靴の長さは違うという話も興味深かったですね。

渡會先生には、足のアーチに関して、ヒト特有のアーチ、ドーム型のアーチ、長腓骨筋腱の絶妙な配置、アーチの運動など、面白い話がどんどん出てきました。

あとお二人は理学療法士に登場していただく予定です。

またこのブログでお知らせします。(清家輝文)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2071-bef36702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック