スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
145号の特集は、以下のとおりです。

特集「肘の問題―難治性テニス肘と少年の野球肘」

難治性テニス肘では、国枝選手の手術を担当された聖マリアンナ医科大学の別府諸兄先生とそのリハビリテーションに携わった大森みかよ先生(OT)に取材。

少年のテニス肘については、慶友整形外科病院の古島弘三先生、同理学療法士の宇良田大悟、福田潤先生、水戸協同病院の馬見塚尚孝先生、横浜ベースボール整骨院の吉田干城先生、筑波大学野球部監督の川村卓氏に取材、執筆していただきます。

計8人の先生に登場していただきます。今、急ピッチで編集中。お楽しみに!(清家輝文)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2101-2ea7b312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック