スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
145号、昨日校了しました。26日発売です。26日にはホームページで、特集の12ページ分を公開します。全30ページの特集です。

以下がその各タイトルと取材・執筆していただいた先生です。

145号
特集「肘の問題――難治性テニス肘と少年の野球肘」

1 難治性上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の鏡視下手術
別府諸兄・聖マリアンナ医科大学整形外科代表教授

2 少年の野球肘―離断性骨軟骨炎と内側上顆裂離骨折、その手術療法と早期発見の重要について
古島弘三・慶友整形外科病院スポーツ医学センター長

3 少年の野球肘予防への提言―全力投球禁止、投球強度制限、盗塁禁止、指導者ライセンスなど
馬見塚尚孝・水戸協同病院整形外科

4 野球肘を経験して―自らの野球肘の経験をもとに、野球肘撲滅運動を推進
吉田干城・横浜ベースボール整骨院院長

5 少年の野球肘を減らすための指導のポイント
川村 卓・筑波大学准教授、同野球部監督

上記のほかに聖マリアンナ医科大学でリハビリテーションを担当されている大森みかよ先生(作業療法士)、慶友整形外科病院でリハビリテーション担当されている宇良田大悟先生、福田潤先生にも登場していただきます。

ぜひ、ご一読ください。(清家輝文)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2109-e8b92e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック