スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
昨日、月刊スポーツメディスン第146号の編集が無事校了となりました。
今月号の特集は「ジャンパー膝を治す――分類に基づく診断、エコーによる診断、そして運動療法」

MSM146.jpg特集
1 ジャンパー膝の分類に基づく診断と治療 森戸俊行
2 ジャンパー膝の分類と運動療法 八木茂典、武村綾乃
3 ジャンパー膝への対応 高橋 周
  ■当院でのジャンパー膝の理学療法 村瀬善彰

また、今月号では以下の寄稿が掲載されます。

寄稿
『手を使わなくても逆上がりはできる』 中村 賢(社団法人TAISO LAND店長)

『サッカーU14男子ナショナルトレセン開催時におけるメディカルサポートについて』
 矢田部佳久ほか(いちはら病院整形外科)  

『FMD検査を用いた動脈硬化の評価』村上早百合ほか(クリニックこまつ、メディカルフィットネスこまつ)ほか

『骨格筋に損傷をもたらすスタチン服用と筋肉の伸張性収縮活動』宮下充正(東京大学名誉教授、首都医校校長)

11月26日発売です。是非、ご一読下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2135-90166f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック