スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
第9回筑波スポーツ医学セミナー

日時/8月24日(土)、13:40~18:30

場所/筑波大学 春日キャンパス講堂(茨城県つくば市春日1-2 、TXつくば駅から徒歩7分)

共催/つくば市医師会、 一般社団法人「整形外科ネットワーク筑波」、大塚製薬株式会社

内容/

講演『NSAIDs消化管傷害の最近の話題』 石塚真弓(大塚製薬(株) 学術部)

Session1「スポーツ医学研究への招待」  司会:宮川俊平(筑波大学体育系 教授)

『 生活習慣の改善と動脈スティフネス 』 膳法亜沙子(日本学術振興会 特別研究員)

『 超音波エラストグラフィのスポーツ医学分野への応用可能性 』 廣野準一(信州大学全学教育機構 助教)

『 投球動作のシミュレーションシステム 』 石井壮郎(松戸整形外科病院)

『 筑波大学でのスポーツ医学研究 』 宮川俊平(筑波大学体育系 教授)

Session2「 スポーツドクター活動の拠点から」 司会:向井直樹(筑波大学体育系 准教授)

『 スポーツ整形外来、病院でのアプローチ 』 平野篤(水戸協同病院 院長)

『 整形外科開業医でできるスポーツ選手・愛好家との関わり 』 星忠行(小松整形外科医院 副院長)

『 東京マラソンの医務コーディネーターとしてのアプローチ 』
三橋敏武(聖心会南古谷病院 外科 医長/ 東京マラソン・医療救護委員会 副委員長)

『 大学病院におけるスポーツ整形外科 』 金森章浩(筑波大学医学医療系整形外科 講師)

※詳細は筑波大学整形外科 ホームページ参照

対象/本会は医師と学生を対象としたセミナー

参加費/学生、日整会単位の必要がない方の参加は「無料」

・節電及び温暖化防止のため,軽装(いわゆる「クールビズ」)での参加をお願いいたします。

・「本講演 は、日本整形外科学会教育研修講演会に認定されております。(4単位)」受講希望者は当日受付にてお申し込みください。受講料(1単位 1,000円)と引き換えに「日整会教育研修会受講証明書」をお渡しいたします。
※ 研修医は研修手帳を提示してください。

・「本公演は、日本体育協会公認スポーツドクターの資格更新のための義務研修として認定しております。ただし、本セミナーの全日程にご参加いただいた場合のみ。遅刻、途中退場では認定されません。研修未修了で義務研修手続きをご希望の方は、受付にて公認スポーツドクター認定番号を申告の上ご参加ください。義務研修の参加状況や認定番号など公認スポーツドクターについては日本体育協会スポーツ指導者育成部(03-3481-2226)にお問い合わせください。

・「日本医師会生涯教育講座(4.5単位)取得予定」(C.C,1,5,6,8,9,10,11,12,13)

・「筑波大学附属病院レジデントレクチャー1単位取得予定」

問い合わせ/大塚製薬株式会社 つくば出張所医薬一課 (担当 岡野 原田)
〒300-0847 茨城県土浦市卸町1-1-1 関鉄ビル 4階
TEL:029-841-5192
FAX:029-841-5234
E-mail:haradaf@otsuka.jp

筑波大学整形外科
E-mail seikei@md.tsukuba.ac.jp
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2344-24fc27e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック