スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
第9回神楽坂スポーツ医学セミナー

日程/12月14日~15日(土、日曜日)(14日合同懇親会)

会場/日中友好会館

主催/神楽坂スポーツ医学セミナー事務局

共催/東京厚生年金病院整形外科、野球共育塾 
    
協力/(株)久光製薬、(株)第一三共、(株)GE横河メディカルシステム

テーマ/14日:OCDの診断と対応 検診の目的と課題
      15日:成長期内側上顆障害の病態と対応

内容/【14日(土)】
基調講演「野球による肘関節障害に対する治療戦略」渡邊幹彦

ランチョンレクチャー「足、足関節のスポーツ傷害(距骨骨軟骨病変から学ぶ)」熊井 司

講義「野球肘検診の目的と課題 各地の取り組み」 
   山本智章、岡田知佐子、松浦哲也、木田圭重、伊藤雄人、金田和痲

パネルディスカッション「検診の標準化と課題」

ワークショップ1(講義)「OCDの超音波診断 発見から復帰まで」石崎一穂
ワークショップ2(講義)「故障防止の為の投球フォームとコンディショニング」吉田篤史
ワークショップ1&2(実技)石崎一穂・吉田篤史
※2つの講義内容を実技指導を通して、実際に体験する。場所を東京厚生年金病院に移し、2グループに分かれて、それぞれを40分ずつ体験。

特別記念講演「故障から学んだこと」牛島和彦

【15日(日)】
最近のトピック「非造影MR angiographyからみた疲労骨折と骨壊死の病態解釈」皆川洋至

基調講演「腱・靱帯付着部障害の基礎と臨床」熊井 司

ランチョンプレゼンテーション「成長期の内側上顆障害 病態、診断そして対応」
パネラー:鶴田敏幸、高原政利、菅谷啓之、山崎哲也 、松浦哲也

パネルディスカッション関連講演
1.「内側上顆障害が成人期の投球障害に及ぼす影響について」古島弘三
2.「高分解能MRIでみた内側上顆障害」馬見塚尚孝
3.「成長期内側上顆の外傷と障害 病態理解のために」柏口新二

総合ディスカッション「成長期の内側上顆障害 病態と対応」
   高原政利、鶴田敏幸、菅谷啓之、山崎哲也 、松浦哲也

ゲスト講師/熊井 司(奈良県立医科大学スポーツ整形外科教授) 
渡邊幹彦(大脇病院 スポーツ整形外科部長)

特別講師/牛島和彦(株式会社ツースリー代表取締役) 

講師/皆川洋至(城東整形外科部長)
   馬見塚尚孝(水戸協同病院整形外科部長)
   吉田篤史(スポーツプロデューサー、元横浜ベイスターズ投手コーチ)
   古島弘三(慶友整形外科病院) 他
コメンテーター/岩瀬毅信(国立病院機構徳島病院)

セミナープランナー/柏口新二(東京厚生年金病院スポーツ・健康医学実践センター)

参加費/一般:1日9,000円、2日16,000円、
学生:5,000円/日(いずれもテキスト、昼食付き) 
日本整形外科教育研修単位(7単位) 1,000円/1単位別途 
合同懇親会4,000円
※整形外科エコーハンズオンにご参加希望の方は別途参加費¥3,000(見学は無料)
投球動作の実技参加は無料
※なおワークショップへの参加制限はありません。

申し込み方法/HP内の申し込みフォームより申し込む

問い合わせ/神楽坂スポーツ医学セミナー事務局
アスリード株式会社内
TEL:042-711-6872 
FAX:03-5204-9721
E-mail:kagurazaka@us-lead.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2432-508436d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック