FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
昨日は、社団法人日本整形外科学会主催、日本臨床整形外科学会および日本整形外科勤務医会協賛で、「運動器の10年・骨と関節の日」記念事業の活動を広めるために、平成7年より毎年開催されている記者説明会に行った。

今回は「運動器不安定症の要因としての骨粗鬆症――その問題点と対策」というテーマ。

運動器不安定症は2006年4月から保険適応となった疾患概念であるが、日本整形外科学会を中心に運動器不安定症について広く知ってもらい、運動器不安定症によって生じる転倒リスクを回避し、寝たきりにさせない、寝たきりにならないよう、その予防や改善策などを啓蒙している。
さらに、運動器不安定症も包含する概念となる「ロコモティブシンドローム」についても説明された。この内容については、本誌で紹介するので、是非ご一読下さい。

とくに骨粗鬆症によって起こりやすくなる骨折は、高齢者の場合、寝たきりにつながりやすい。この骨粗鬆症について、問題点と対策など、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授の遠藤直人先生(写真)が、調査データをもとに紹介していった。

遠藤先生 遠藤直人先生

骨粗鬆症は、今や高齢者だけの問題ではない。
スポーツ選手も過度な減量などにより、骨粗鬆症予備軍は多い。また、スポーツを行っていない若い女性にも、骨粗鬆症予備軍は増加していると言われている。

実は、私もスポーツで痛めた膝が、現在では変形性膝関節症に移行しているため、他人事ではない話。将来寝たきりにならないためにも、今のうちから運動器不安定症対策を行う必要があるようだ。
(田口久美子)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/247-a681fbbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック