FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
今日は、パブリティに関する打ち合わせ。

雑誌に掲載する広告は、近年どんどん少なくなり、インターネットに追い越されるのは確実視されている。商品を掲載したいわゆる純広は、読者が反応しないと言われている。「なんだ広告か」という感じ。

それに対して、読みやすい記事になっているものは、閲覧率が高く、そちらに移行することになる。これも無料と有料とがあるが、純広が減少した分、代理店を通じて、無料パブリシティの記事がファックスで毎日送られてくる。新商品紹介記事はだいたいこのへんから始まるものが多い。

有料のものは、それなりの手間暇をかけて作成する。「読んでもらえなければ、意味がない」ので、それだけ努力が必要になる。

本誌に掲載する有料パブリシティについては、編集部としても「これは読者に紹介したい」というものである。読者にとっても、企業にとっても、編集部にとっても有益なもの、そういう発想で企画している。

企業が有する情報量は膨大である。われわれも非常に参考になることが多い。これからは、スポーツメディスンという領域に関わる企業の方と協働で、この世界を盛り上げていきたい。

情報産業の枠組みが変わっていく時代、メディアの役割もだんだん変わってくると思う。新鮮で柔軟なアタマを持ち続けないといけないと思う。(清家輝文)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/250-5d8d5a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック