スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
プロ野球界21年の経験から紐説く、投球障害肩の改善テクニックとコンディショニング方法
――関節モビライゼーションやストレッチ等の手技で選手の身体に触り感性・感覚と研ぎ澄ます


日程/9月21日(日)

時間/講義午後1時~2時、実技①午後2時15分~3時45分、実技②午後4時~5時30分(受付午後12時30分~)

会場/大阪リゾート&スポーツ専門学校 4号館

内容/プロ野球で21年間選手の身体と向き合い、リハビリやトレーニング・コンディショニングを指導してきた中で培ってきたスキルを紹介。

特に野球の障害で多い肩関節に着目。
肩関節に対するストレッチや、より効果を出すためのテクニック、また関節モビライゼーションやコレクティブエクササイズや数十秒のエクササイズで運動痛を軽減させる方法など。選手の身体に毎日触れて、感覚を大事にしてきた講師ならではの苦悩や葛藤や選手が復帰した時の喜びを知る経験談も交え、実技中心にセミナーを開催

「肩関節のストレッチ」
「胸堆~胸郭~肩甲上腕関節へのアプローチ」
「膝関節・足関節へのアプローチ」

講師/石原慎二(Tri.R代表)

対象/カイロプラクター・PT・OT・柔道整復師・鍼灸師・AT・パーソナルトレーナー

定員/40名程

参加費/16,200円、NSCA会員12,960円  ※NSCA‐CEU申請中

申し込み締切/9月16日(火)

問い合わせ/アヴィススポーツ
E-mail:avisssports@hotmail.co.jp
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2591-e0fe68a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック