スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
投球動作研究会研究集会2014

日程/12月23日(祝・火)

時間/午前9時~午後4時(受付開始:午前8時30分)

会場/佼成学園中学・高等学校「中学棟地下1階第2多目的ホール」(東京都杉並区和田2-6-29)

主催/投球動作研究会

共催/Creative-Sports

主旨/この投球動作研究会は、医療従事者のみならず、指導者、保護者も含めた投球動作に関わる方々が、選手のために還元できるような会になればと発足しました。
 医療だけのものではなく、現場だけのものではなく、医療と現場が投球動作というものについて共に考えられる会になればと思っております。
 そこで今回第1回の研究集会を開催することになりましたが、言葉の定義について(今回は肘下がり)と投球動作を知る必要性をテーマに、皆さんでディスカッションしていければと思います。当日はネットを用い、受講者の方々が参加・質問し易い環境をつくり、会場全体で進行できるよう企画しておりますのでどうぞご参加お待ちしております。

内容/
講演①「投球動作に関する現状と今後」久保田正一(Creaive-Sports、PT)

シンポジウム①「肘下がりという言葉について」
シンポジスト:
前田健(BCS、動作指導者)
河合雄也(八王子ボーイズ、指導者)
千葉慎一(昭和大藤が岡リハビリテーション病院、PT)
講演②『投球動作の重要性を医師に伝える』
黒川大介(仙台医療センター、Dr)

シンポジウム②「投球動作の必要性を医師に伝える」
シンポジスト:
山川潤(横浜南共済病院、Dr)
村木孝行(東北大学病院、PT)
高橋塁(横浜DeNAベイスターズ、PT)
名古屋光彦(軟式日本代表監督、指導者)

定員/200名

受講料/医療従事者8,000円、指導者・保護者5,000円、選手無料
※指導者・保護者であっても医療従事者であれば受講料は8,000円

申し込み締切/12月15日(月)

申し込み方法/PCアドレスもしくは携帯アドレス内の申し込みフォームより申し込む

問い合わせ/投球動作研究会研究集会

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2628-d60e1149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック