スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン166号、特集「筋の硬さ―曖昧なものをはっきりさせる時代へ」が今週発売になります。

稲見崇孝、米津貴久、村山光義、島典広、谷口圭吾、辻村享の6先生に取材(谷口先生は執筆)。特集31頁のうち、15頁をこのサイトでご覧いただけます(カラー3頁含む)。その頁の「特集頁例」のところをクリックしてください。

好評の連載「ピラティス・メソッドの可能性」(坂元大海先生執筆)も今回で最終回。次号167号は「リカバリー:疲労回復」をテーマに企画中です。(清家)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2637-60e11242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック