スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
第13回コンディショニング科学カンファレンス
――子どものスポーツ傷害の予防とその体制づくり


日程/1月31日(土)

時間/午後6時より(カンファレンス後、懇親会あり)

会場/中央大学後楽園キャンパス

主催/特定非営利活動法人コンディショニング科学研究所

共催/中央大学理工学部人間総合理工学科/生命・健康科学研究室

協賛/株式会社クレーマージャパン

内容/パネルディスカッション「学校現場における指導者のトレーナー的知識普及の必要性~部活動指導者,養護教諭,体育教員,教員志望者へのアプローチ~」
山本利春氏(国際武道大学体育学部スポーツトレーナー学科/大学院教授)

「茨城県内の小中学校における運動器検診と運動器障害予防の取組み~医師とトレーナーの連携~」鎌田浩史氏(筑波大学医学医療系整形外科講師)

「鴨川市における中学生メディカルチェックの取組み~地方医療機関と地方自治体との連携~」東拓弥氏(亀田クリニックリハビリテーション室/亀田スポーツ医科学センター)

参加費/RICS会員・学生2,000円、一般・非会員4,000円 *当日徴収

申し込み方法/氏名、所属、連絡先、懇親会への参加希望を明記のうえ、下記メールアドレスへ申し込む

申し込み締切/1月23日(金)

問い合わせ/特定非営利活動法人コンディショニング科学研究所 (担当:阿久津)
E-mail:akutsu_yosuke@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2657-6a240454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック