スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
弊誌月刊スポーツメディスン168号特集「TABATAトレーニング」が発売になりました。

「高強度・間欠的・短時間」という特徴を有する「TABATAトレーニング」は世界的に知られ、実践されるようになっています。しかし、理論も含め、実践面でも誤解があるところがあります。その詳細を田畑泉先生に取材し、理論、方法、今後についてまとめました。

特集21頁の約半分をこのサイトでご覧いただけます。「特集頁例」というボタンをクリックしてください。PDF形式で閲覧していただけます。(清家)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2682-a184f716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック