スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
スポーツ医学サイトMMSSM(multimedea station for sportsmedicine)に新コンテンツをアップしました。平出康彦氏による動画つきのコンテンツです。有料ですが、そのほか無料コンテンツもたくさんあります。ぜひ一度ご覧ください。

■オランダでのフィジオセラピストの仕事 7
足関節傷害に対する診断・治療プロセスおよび関節モビライゼーション(動画付)

●概要
 今回は「足関節」に焦点を当て、とくにスポーツ選手のケガに多い、足関節内反捻挫と内反捻挫後に発生しやすい機能的不安定性を中心に、オランダ理学療法士協会のガイドラインに沿った診断・治療プロセスの基本と関節モビライゼーションについて、FC ユトレヒトアカデミーで用いられているガイドラインとともに紹介する。
 また、「Traction(牽引)/Translation(滑り)による可動域制限の評価」および「関節包の拘縮による可動域制限が見られる場合に行われるモビライゼーション」を動画で解説。
2015/05/11 発売
定価:864円(本体800円)
14ページ(ファイルサイズ:131MB)
平出康彦
Thim van der Laan Hogeschool voor Fysiotherapie
サッカークラブ「FC Utrecht Academy」メディカルスタッフ
サッカークラブ「J-Dream FC」コーチング & メディカルスタッフ
■立ち読み
http://mmssm.jp/jwsm/sample/pt008_sample.pdf
■購入
http://mmssm.net/?pid=89648765
■詳細
http://mmssm.jp/jwsm/jwsm2015_pt008.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2709-a61ac24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック