スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
メディカルサイエンスセミナー 2015 in 東京
――上肢・下肢のスポーツ障害の診断とリハビリテーション

日程/下肢編:11 月 14 日(土)
     上肢編:11月15日(日)

時間/14日:午前10時30分 ~午後5時20分
     15日:午前10時 ~午後4時30分

会場/学校法人・専門学校 首都医校 総合校舎コクーンタワー コクーンホール A(東京都 新宿区西新宿 1-7-3)

内容/14日(下肢編):「トップアスリートの安全かつ早期復帰のための課題と対策、膝関節、足関節を中心に」

「靭帯損傷膝と二次性 OA 膝の手術治療戦略――組織ダメージの回避と早期復帰のジレンマ」
洞口敬(日本大学病院整形外科センター・スポーツ整形外科 講師)

企業プレゼン:新商品紹介
(圧力波治療器、ラジオ波温熱治療器、モーションセンサー式動作解析装置など弊社最新アイテムを紹介)
酒井医療株式会社メディカルサイエンス本部

「前十字靭帯再建術後のリハビリテーション――術後からスポーツ復帰まで」
富樫俊文(日本大学病院 リハビリテーション科)

「体幹・股関節・足関節から考える膝関節へのアプローチ」
ワークショップ「アスリートのためのインソール製作の実際」
唐澤幹男(トータルボディメイクつくば 代表)

15日(上肢編):「徹底理解!肩関節機能評価と治療プログラム立案とその実践」

「上肢スポーツ障害に対する保存療法の限界と手術療法の基準」森原 徹(京都府立医科大学整形外科准教授)

企業プレゼン:新商品紹介
(圧力波治療器、ラジオ波温熱治療器、モーションセンサー式動作解析装置など弊社最新アイテムを紹介)
酒井医療株式会社メディカルサイエンス本部

「筋電図から見る肩関節機能の理解とテクニック」
ワークショップ「肩関節機能評価と運動療法の実際」
三浦雄一郎(第一岡本病院 リハビリテーション科 技師長)

対象/スポーツ障害のリハビリテーションに関心のある医師、セラピスト、トレーナー、研究者等

定員/100 名程度

受講料/両日10,000 円(11/14・11/15(上肢編 )の同時申込割引価格)
1 日のみ6,000 円 

申し込み方法/両日参加申し込みサイト
14日(下肢編)のみ申し込みサイト
15日(上肢編)のみ申し込みサイト

問い合わせ/酒井医療株式会社 メディカルサイエンス部 セミナー事務局(担当:飯島・眞田(さなだ))
TEL:03-5227-5785 
E-mail:seminar@sakaimed.co.jp
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2768-9be9b418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック