スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
<<膝>>痛みの病態毎に考える!
オランダ徒手療法による評価/アプローチ法


日程/
①東京・②福岡:2月26日(日)
③千葉・④岡山:3月5日(日)
⑤埼玉・⑥鹿児島:3月12日(日)
⑦静岡・⑧熊本:3月19日(日)
⑨長野・⑩長崎:3月26日(日)
⑪茨城・⑫奈良:4月2日(日)

時間/全会場:午前10時~午後6時(受付/午前9時30分~)

会場/①Salon de Toshin(東京都中央区)
②ハミングバード貸会議室601号室(福岡市中央区)
③千葉市文化センター 会議室2(千葉市中央区)
④岡山国際交流センター 会議室3(岡山市北区)
⑤ウェスタ川越 活動室5(埼玉県川越市)
⑥かごしま市民文化ホール・第二会議室(鹿児島県鹿児島市)
⑦アクトシティ浜松 研修交流センター404会議室(静岡県浜松市)
⑧熊本市流通情報会館 第二研修室(熊本県熊本市)
⑨長野県佐久創造館 102号室(長野県佐久市)
⑩長崎ブリックホール 会議室5(長崎県長崎市)
⑪つくばカピオ 中会議室(茨城県つくば市)
⑫kiyoリハビリPROS(奈良県奈良市)

内容/〈膝の痛み〉に対して原因を探り出す考え、「組織別」×「原因別」×「治癒経過を阻害する要因別」のアプローチ方法を、医療先進国オランダの徒手療法の体系に沿ってご紹介。

1.ケーススタディ:海外の大学で行なわれている「最新の学習スタイル」です。
患者様(年齢・性別・症状)を例に挙げ、問診から評価・治療にいたるまでの 思考過程を、講師と一緒に学んでいく実践的な
学びの方法。

2.プレゼンテーション:ケーススタディで取り上げた患者様を元に、明日から現場で使える知識を身につけるためにグループに分かれ、仮説・治療プランを立案し、プレゼンテーションをしていただく。

3.動作分析:現場で再現性の高い評価・分析を行えるようになるために、膝の不安定性の分析方法を学んでいただき、治療・改善まで行う。

講師/土屋潤二(日本オランダ徒手療法協会・代表理事、日本オランダ徒手療法士協会認定インストラクター)

定員/各会場30名(先着順)

受講料/事前振込5,000円 、当日支払い5,500円

申し込み方法/HPにあるお申し込みフォームに必要事項を明記し、申し込む。

問い合わせ/>DMTマニュプレーションスクール事務局(担当:渕上)
公式フェイスブック
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2938-eecefd8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック