FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
「第16回インディバ®・コンベンション」開催
――株式会社インディバ®・ジャパンよりレポート


imagefile.jpg 高周波温熱機器「インディバ®」「インディバ®・アクティブ」の発売元である株式会社インディバ®・ジャパンは、11月12日に約400名を集め、東京・TKPガーデンシティ品川で(第16回インディバ®)・コンベンション」を開催しました。

 ユーザーの方々からの発表を中心に、毎年新たな有用性・有効性が発表されるコンベンションですが、今年は例年以上に「インディバ®」「インディバ®・アクティブ」の幅広いポテンシャルを示す一日となりました。午前中は高齢者の下肢ケアについて、デモンストレーションを行いながらの発表でスタート。これは国としても大きな問題となっている、「健康寿命延伸」に貢献できる施術の披露となりました。

 続いて行われた頚髄損傷による四肢麻痺からの回復の発表には、損傷後8カ月の入院、リハビリ後でも右側優位の両側上・下肢不全麻痺症状があったものが、「インディバ®」の施術を受けたことで明らかに改善され、自宅やプールでの筋トレが自身でできるまでの状態になったことを、施術を行った整骨院の院長と施術を受けたご本人が登壇し、証明しました。

 午後は近年「インディバ®・アクティブ」の可能性について共同研究を行っている、京都大学大学院から、エクササイズを組合せての施術がエクササイズのみの場合よりも、痛みや機能障害において有意に改善が見られたという発表がありました。「インディバ®・アクティブ」の効果では、パラ水泳チームにおける活用状況という貴重な報告も行われました。

 メディカル分野からは脂肪吸引後での有用性が発表され、「脂肪を取るほど硬縮がきつくなるが、硬縮には『インディバ®・』が最も適している」と言明。術後に使用することでダウンタイムの早期回復につながること、そして術後の患者クリニックと患者さんのコミュニケーションツールとして、患者さんの満足度向上の一助にもなっていることも明らかにしました。

 インディバ®・ジャパンからは山口祐司会長が、市場の変動は明らかで、だからこそ「インディバ®」の「便宜性」が優位であることを講演。「インディバ®」インストラクターは「美手」をテーマに、クイックメニューの提案、「インディバ®・アクティブ」インストラクターは、より効果的に活用していく施術法を発表しました。

なお来年の「第17回インディバ®・コンベンション」は、11月4日に、TKPガーデンシティ品川で開催する。

問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン
E-mail:indiba@symphony.plala.or.jp

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msm08.blog96.fc2.com/tb.php/2992-757159ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック